ローヤルゼリー、青汁ならグリーンフロンティア

ローヤルゼリー、青汁などの高品質、無添加にこだわったバランス健康食品販売! 

 

 

関連サイト|ローヤルゼリー、青汁ならグリーンフロンティア

足裏しつけ教室

G-ジャパンフロンティア協会

 

カード払い|グリーンフロンティア

コンビニ払|グリーンフロンティア

 

当社リンクは下記
バナーをお使い下さい

バナー|グリーンフロンティア 

 

リンク|グリーンフロンティア

ローヤル3000|グリーンフロンティア

クロネコ探検隊|グリーンフロンティア

e-cokkect|グリーンフロンティア

ネットショップオーナー|グリーンフロンティア

 


東海林令子のお元気日記
2012/4/2
遠き思い出
 私は、虚脱体質で、子どもは産めないと保証付きで結婚しましたが、四人の子供のを授かり、医者に神業と言われました。

しかし、一人産むたびに病気(甲状腺、膠原病、咽頭ポリープ、頭痛、耳の難聴など)で苦しみました。

 そんなある時寝ている明け方にどこからともなく声がするのです…。(昭和55年頃)

「時間がない、時間がない」「あなたの仕事は発展させる。されど私欲の為に金は使うな。」と言う言葉が、毎日どこからともなく聞こえてくるのです。

この頃私は、十歳・九歳・六歳・四歳の子どもに、舅・姑と小姑の九人家族の世話で多忙を窮め、仕事とは無縁でした。

 ところが、数年後に健康食品の販売会社(株式会社ヘルスモア)を設立。4人の子育てをしながら月商一二〇〇万円を計上する会社になり、信じたくな霊示のとおりになっていきました。

自分の意識の中に全くない言葉が聞こえてくるのです。これは天国・地獄か、はたまた自分の身体の中にある遺伝子からのメッセージのいずれかだと思いました。

 平成元年には「自然と個人との一体化」「日本に古くからあるもので、人助けをして、日本のためになる会社を創りなさい。」の言葉が届き、平成四年にグリーンフロンティア株式会社を設立しました。

その後も遺伝子からのメッセージが続いてます。でもそれと一緒に「いばらの道」も届けられてくるのですが…努力、努力で乗り切っております。

これからの日本女性は、出産・子育ての特性を噛みしめ、きめ細かい感性に研きをかけて、全快で、プロペラを回すのです。その音で、DNAが目を覚まし、メッセージを送ったり、過去・未来の映像も見せてくれます。

二十一世紀の女性は、心豊かにして「マイ・DNA」と楽しく会話をしているのではないでしょうか。

(某雑誌 3月号掲載)
2012/3/20
祝!
数年前、私の友人のお嬢さんが、「多嚢胞(たのうほう)性(せい)卵巣(らんそう)」で子どもが出来ないと言う事をお聞きしましたので、「うちの健康食品を飲ませてみたら!!」と思わず言ってしまいました。

今までに、6〜7人ぐらいが体質改善をして妊娠されたものですから、つい口から出てしまったのです。

友人は「そうね…ダメもとで飲ませてみるわ!!」と軽く言っていたのですが……



ところが、去年(H23年)妊娠し安産で男子出産の知らせが入りました。

そして、またその一年半後の今日、年子で二人目の男の子が、ものすごく安産でうまれたと言うビックニュースが届いたのです!! これぞまさしく、「案ずるより産むが易し」なのでしょうか!!

とても喜んでいただいるお礼の言葉を聞きながら、自分はなんて有難いお仕事をさせていただいてるんだと思わずにはいられませんでした。


少々マンネリ化している自分の心にムチを打つ思いでした。

今70才の青春ですが、「人様が元気になって喜んでくださる」この素晴らしく有難い仕事を

命ある限り続けて行きたいと思っている次第です。
2012/3/7

実は、去年の2月27日の梅園行きの前に、もつと大切な目的があつて、私は伊豆山神社へ行ったのです。ちょつとおかしな話になるのですが、私は30年ぐらい前から、 霊感のようなものを感じるようになりました。
今から10年も前になるでしょうか、頭からすっぽり茶色の布地をかぶっておっかない顔をした男の人がぎょろっとした目つきで私をにらんでいるのが霊感、霊視?で感じられるのです。悪い人でもなさそうなのですが,その眼力が只者ではない感じがするのです。私の過去世でお会いした方なのか?友人のYさんに話すと「役の行者(えんのぎょうじゃ)だわきっと。」といって、ゆかりの地へ連れて行ってくれたのが、伊豆山神社でした。その神社の裏手の草ぼうぼうの中の小さな小屋に役の行者が祀られており、前に立て札があって、なんと「足裏の神様」と書いてあるではありませんか。私は腰が抜ける程ビックリ致しました。伊豆山神社は菊の御紋の入った立派な社殿です。そこで、「足のお守り」袋を売っており、それを沢山買って、お客さまに差し上げたのを思い出し、去年の2月に思い出し行って参りましたが、
そこには小さいながらも立派な社屋に建て直されておりました。「皆様が役の行者のような足になります様に」と祈って又たくさんの御守を買ってきて、外反母趾でおこまりのお客様にさしあげたのです。


※伊豆山神社の所在地 静岡県熱海市伊豆山上野地708-1
役の行者(えんのぎょうじゃ)
実在の人物で、本名を役小角(えんのおずね)といい、若い頃から、雲の上で仙人と遊んだり、藤原鎌足の病気を治したり、すごい法力の持ち主であった。
しかし、699年謀反(むほん)の疑いを掛けられ、伊豆大島へ流刑となった。その時も大島から海上を歩いて富士山で修業をしたと伝えられている。呪術(じゅじゅつ)に優れ、神仏調和を唱え、修験道の開祖とされている。
2012/3/5
誕生日
お庭の遅咲きの白梅の蕾が数日まえには雪化粧をしておりましたがやっと今日ほころび始めました。何と遅すぎた春でしょう。私は去年の2月27日に熱海の梅園へ行きましたが梅は満開を過ぎていたのを思い出しました。今年の梅は、地震を体験して、寒い寒い冬を過ごして、用心深く咲き始めたのでしょう。老木になった梅ノ木は雪の洗礼をうけたせいでしょうか、一段と真白で大輪のお花を開花させてくれました。
長男からメールが入っていました。3月5日の5時15分に男児誕生。二人目の出産はとても安産でした!
年子で生まれたこの孫も梅の花と同じにお腹のなかで幾つも試練を乗り越えてきたのできっとたくましく素直な子に成長してくれることでしょう。ママ、本当にごくろうさまでした。でも大変なのはこれからねガンバッテください。
2012/2/10
日本興しの会の新春文化の集い
140人集会が終わり 「ホツ!」
この日の準備は10月から、琴の演奏、茶の湯、オーソンファ(呉善花)先生の講演、にはお集まりの方々100%に近い方が絶賛して下さいました。
お茶の正客は呉善花先生、次客は中山恭子先生(参議院議員)
日本伝統文化を継承する会の活動です。
2012/2/1
何と怠慢なことでしょう。
又1年間ブログをやすんでしまいました。日本中が激動の1年でしたが私も4回目の咽喉のポリープを手術したり、その他諸々大変な年でした。
今年は新年早々コードにつまずいて机に頭をぶっけ、(5針縫う)膝の打撲で歩けず、神様の素晴らしいお年玉を頂戴してしまいました。
2010/12/20
師走
今年も残り僅かとなりました。私が事務局長をやっている一般社団法人Gジャパンフロンティア協会の会報作りと、新春文化の集いの件で、大多忙が続いています。
商売そっちのけでボランティアの毎日か……
友人から「東海林さんは一生人集めで終わるんじゃない!!」と言われたのを思い出しました。
2010/11/25
孫のお宮参り
お宮参りは、1か月でやるものですが、2か月めのお宮参りとなりました。嫁の広島の実家のお母さまが、家紋入りの晴れ着をプレゼントして下さったので、私も久しぶりに着物を着ました。母子ともに無事にお産が済んだことのお礼とこの子が健康で賢い子に育ちますようにと、心を込めてお祈りしました。
2010/11/22
夕方にGJF協会(http://www.gfrontier.com/g-japan/)の理事たちと新年会を行う会場の下見に行きました。
この会も去年の4月に一般社団法人に致しました。
「このままでいいのか日本、もう一度見直そう日本」をスローガンに日本の伝統精神文化の復活を目指した活動を行っていきたいと熱き思いの方々が御参集下さっています。
何の力もない事務局長の私ですが、「高貴高齢者」の方にご指導を頂き、若い方々に助けられ、日本を興すことに情熱を燃やしている68歳の青春です。
2010/11/19
お久しぶりです。
日記をお休みして年が経過してしまいました。
理由は歳の義父を介護していたからです。

私が東海林家に嫁いで40年間共に生活していた父は、平成16年に妻 88歳(私の姑)と息子 64歳(私の主人)が亡くなってしまいました。
二人に先立たれ、ただひたすら一人で耐えて、悪嫁の私には、不平不満を何一つ言わず、二人の七回忌の今年の6月23日に静かに永眠したのです。

おじいちゃんの生前に、「おじいちゃん6月27日に山形のお得意様を訪問してサクランボ狩りをしてくるけど、おじいちゃんも連れて行ってあげたいわね。行きたいでしょ?」と私が言うと、大きくうなづいて「うん行きたい」と言っていたのを思い出し、今でも涙・涙です。
27日に山形に連れて行ってもらいたくて、23に亡くなってしまったのでしょう。

山形で生まれ育ったおじいちゃんは長男でありながら、分家してしまった事をとても悔んでおられ、私たち長男夫婦にはその思いをさせたくないとおっしゃってました。
その意味が理解できたのは私が50歳ぐらいの時でした。
山形の本家のお墓に私の手で分骨させて頂けた事は、私が最後にさせて頂けた親孝行だったのでしょうか。

しかし、これも神仏によって全て仕組まれたことなのでしょう。
2008/10/18
チャリティーバザー
ダイヤモンド東京パイロットクラブのチャリティ公演会にて。
私は販売はからきしダメなのですが、ボランティアと聞くとすぐにハリ切ってしまうタイプなのです。
バザーで「ローヤル3000」を販売し、売上を寄付、イベント会場ではアイメイトの盲導犬を足元においての語りと、童謡と唱歌。懐かしい曲ばかりでした♪
「里の秋」を歌ってNHKの喉自慢に出た頃や、母に「日本語の歌なのに日本語がわからない」と注意されたことを思い出し、私もビジネスを最後に童謡を歌って人生劇場の幕を閉めたいと思っています。
その日がいつ来るのでしょうか…
2008/10/17
水を得た魚のようなわたし
昨晩11時に岩渕先生(お琴の先生)から音楽会のお誘いを受け、「タダは大好き!時間もOK!行かれます!」。
で、行ったものの、会社をドタバタで出て行ったので案内状を忘れ、オペラシティのいくつもある会場のどこでやるかわからず、インフォメーションは閉まっているのでお掃除のおばさんに聞き、やっとたどり着きました…
汗ビッショリ。

バイオリンとお箏の純正音楽コンサート。
玉木宏樹氏のバイオリンの柔らかく澄んだ音色は最高!知っている曲も多く、本当に夢のような一時間でした♪
2008/10/13
すばらしい同級生
高校時代の同級生のT訓と「墓参りドライブデート」です。同じ市川在住なので自宅までピッカピカのベンツで迎えに来てくれました。彼の両親のお墓は広々とした横須賀衣笠の公園墓地でビックリしました!
私の逗子の実家のお寺で墓参りをして、彼は半身不随になった友人のお見舞に鵠沼に行くのがお決まりのコースみたいです。なんて偉いのでしょう!!
彼は101歳の老人友達を助けたり土曜は赤ちゃん二人を預かってボランティア…
考えられない!罪滅ぼしかも。
でも、すごくいいわ♪
2008/9/5
Gジャパンフロンティア協会の具体的な活動の一歩として、会員相互で伝統文化教育に関するいくつかのテーマをきめて全員参加型の意見交換を図る全体協議会を行うことになりました。
活発な話し合いの中から明日の日本の教育を良くし、私たちの子供や孫の世代が安心して暮らせる日本を築こうということです。

Gジャパンフロンティア協会には、教育関係者はもとより、会社員・自営業・主婦・学生など、様々な立場の方が参加しておられます。分科会でひとつのテーマを話し合っても、立場が違えば意見や思う事も違うはずです。幅広い意見を通して、まず私たちが伝統文化教育の重要性を深めたいと思っています。
今後、Gジャパンフロンティア協会では何かを具体的に活動するかを協議したいと思います。
2008/8/28
癌を患った友人への手紙
「孫は来て良し 帰って良し」で一晩だけでもうたくさん…子育ては若くなければ出来ない事ですね。
貴女様が、小休止したら、子供担当は疲れるからやりたくなくなった事、本当にわかります。(元教師の方)
女性はホルモンバランスが崩れるから年をとるとこらえ性が無くなり、骨がくずれ、冷え性が募るばかりのような気がしますね…。

お互いに寄るお年頃ですから吸収率のいいもので若く、美しく、健康で青春を謳歌しましょう。
ストレスを溜めぬよう、スーッと風のように通り抜ける術も覚えましょう!
この年でこんな事を言っているのは要領の悪いとてもおバカさんのような気がしますね。
でも、言葉変われば「善良で生真面目なお人よし」なのよね。
私たちは!!
2008/8/12
お盆
94歳のおじいちゃんがちょっと調子が悪そうなのでドッキリ、今日はおばあちゃんの(姑)の命日だったので「おばあちゃんが連れに来たのかな?大丈夫!」と言ってデイサービスへ行ったけど、やっぱり発熱で帰されてきました。
夏風邪の様子ですが、病院はお盆休み。でも救急病院へ行かずに夜には熱が下がり始めたので一安心!
翌13日は兄弟が集まり墓参り。
おじいちゃんも元気になって、お寿司も食べられ、ビックリ!
頭もしっかりしているおじいちゃん、私のほうが負けそう…
2008/8/7
花火大会

Dr.川村先生から神宮の花火大会にご招待いただいて、営業の誠君と同行。
自宅から見る江戸川の花火とは大違いで、ビルの屋上。目の前で見る花火のスケールの大きさは只々「す〜ごくきれい!」でした。
ビール、枝豆、おつまみも最高!
とても楽しい一夜でした。
先生どうもありがとうございました。
2008/5/5
GW
スタッフも最高のメンバーで張り切って働いてくれました。
私はお客様にカウンセリングをサービスさせて頂き、一期一会の出会いを感謝せずにはいられませんでした。
「亀戸天神様のお導きでこんな良いお店へ寄れたんだわ」とお客様は口々に言って下さいました。
仕事冥利につきます。
体調を崩して一時は辞めようと思ったこともありましたが、本当にやってて良かったと思いました。
2008/5/4
サロンはフットカウンセラーの横山先生や皆様にお任せして私と部長でDM作成。
原稿作りで、一日中頭がこんがらがっており、クタクタ…
でも、66歳の身体にムチ打ってローヤル3000をキュッと飲んでガンバリました。
自分ながら「スゴイパワー」とビックリ!!
2008/4/27

今日から藤祭りの準備をバタバタしていたので準備不十分…
でもお客様は入って下さり、有り難い事でございます。
2008/4/26
2008年藤祭り
 今年も亀戸のにぎやかな季節がやってまいりました。
お天気にも恵まれ、皆さん亀戸天神様の藤の花を見に大賑わいです。
当社フットケアサロンでも足の疲れをとるテーピングキャンペーンを実施中です!
お茶もお出ししておりますので、亀戸にお立ち寄りの際には是非休憩がてらお立ち寄りくださいませ。
2008/5/25
夏のDMの打ち合わせ。
今回から企画会社を私の友人の所へ替えてお願いしてます。
反響の高いものができることを祈ります。
2008/4/24
取材
某テレビショッピングの取材調査でした。
テレビで販売してくださると売れるので?やって下さるとうれしいで〜す。
2008/4/23
講演会
昨日はグリーンフロンティアの「健やかセミナー」!
鈴木治彦講師をお招きして「言葉と健康」で70名のお客様がお集まり下さり感謝でございました。
2008/4/7
プロレス見学

女子プロレスの試合を見に行く事になり、花束の代わりに万里子さんご愛飲の「ローヤル3000」をプレゼントする事となり、リング上に上がって渡す事になりました。
試合の凄さはおどろく事ばかりでした!
2008/3/29
20年越し
 お客様の中では20年越しのお客様も多くいられるので、電話でお話しするときに、「お元気ですか?」から始まり、「長い年月には色んなことがあったわね!」

気づいたらお客様なのに友達みたいになっているのでお互いに懐かしさいっぱいでお話します。
仕事をしているお陰で、大勢との出会いがあって幸いです。
2008/3/19
お彼岸
孫の1年生入学とご先祖様に報告で娘一家が来訪。
1年生入学のワンパク坊主と6年生進級のお姉ちゃん、ちょっと見ぬ間に二人ともすごく大人っぽく成長。
娘を見ると、自分よりも上手に子育て・家庭生活をエンジョイしているので感謝感謝!
2008/2/25

吉田万里子さんという女子プロレスの選手がフットケアサロンのケアーを受けにいらしゃっています。
万里子女子プロさんの素顔は知性派なのでビックリ!
試合の翌日にいらしたので、サロンのケアー、足裏テーピングを絶賛して下さり、体が軽くなったと、飛ぶように帰られました。
2008/2/20
江戸情緒あふれる梅園散策のひととき…

亀戸天神社の由来…。
正保三年(1646年)九州太宰府天満宮の神官 菅原大鳥居信祐公(道真公の末裔・亀戸天神社初代別当)は神のお告げにより、公ゆかりの飛び梅の枝で天神像を刻み、天神信仰を広めるため社殿建立の志をもって諸国を巡り、江戸の本所亀戸村にたどり着かれ、村に元々ありました天神のほこらにご神像をお祀りしました。
その後、天神様を篤く信仰していた四代将軍家綱公は鎮守の神様としてお祀りするように現在の社地を寄進。
寛文二年(1662年)10月25日に太宰府の社にならい、社殿、回廊、心字池、太鼓橋などを営み、以来約350年後の今日まで東国天満宮の宗社として崇敬されてまいりました。
ちなみに現在は境内には紅梅50本、白梅150本の約200本が植えられ2月中旬には梅の香りに古の風情あふれる梅園を思わせております。

お近くにお越しの折にはぜひお立ち寄り下さい。
2008/2/11
ローヤルパワー
お客様がおすもうさんの甥子さんにに年末にローヤル3000をプレゼントされました。怪我をして幕下降格をしていたそうですが、ローヤルパワーでとても元気にやる気が出たそうです。初場所ではなんとしても幕内に昇格することが願望なのです。幸いにもグリーンフロンティアがすもう部屋からは近いので、買いにいらっしゃいました。
その後、幕内に昇格の吉報が入りました。
今年は春から縁起がいいですね。
2008/2/7

東京に初雪の降った翌日の夜9時を少し過ぎた頃でした。
JR市川駅の大きな柱の影にひっそりと落ちている赤ちゃん靴を見つけました。
どこかで見かけたような靴、私はハッとして拾いました。これは私の店で作ったベビーオーダーシューズではありませんか…!
世界でただひとつ、ふたつないオーダーシューズです。
水色地の皮にチェック柄のツートンカラーの供皮をあしらったお洒落なこの靴は市川にお住まいのTさんがお孫さんにプレゼントした靴だったことを思い出しました。

夜霧に冷たくなった靴の裏を返して見るとまだ土が着いてません。
私はこの片方だけの靴がいとおしくなり胸に抱きしめ「どうして私がこの靴と出会うことになったのだろうか、これはきっと神様が導いてくれたのでは…」
家に帰り柔らかい布で靴の汚れを拭きながら良かったね、もうすぐ君の持ち主の赤ちゃんの所に帰れるからね」と語りかけました。
 翌朝、お電話をすると赤ちゃんのお母さんが出られ、おばあちゃんからの大切な贈り物なので、片方がない事に気づくと駅までの道を探し続けたのですが見つからず交番にも届けましたと語られ、電話を通じても大変なお喜びの様子が目に浮かびました。

「今、日本の人口は1億2千万人と言われていますが、この靴の再開は1億2千万分の1という信じられない幸運の出会いであり、誰も予測できない『宇宙規模の幸運の奇跡』です。世に奇跡は必ず起きると改めて感動いたしました。」


☆幸運のベビーシューズ☆
私共では赤ちゃんのご健康とご多幸を記念して、真心を込めてデザインし、ひと針ひと針縫い上げて奇跡を呼ぶ「幸運のベビーシューズ」を日本中の可愛い赤ちゃんに提供してゆきたいと思っております。
2008/1/20
講演会
昨日はGジャパンフロンティア協会の若者対象の講演会で、今回のゲスト講師は岡野俊昭銚子市長さんにお願いいたしました。

素晴らしい講演会で大学生たちの感想文を読むと、感性高くしっかり受止めてくれているので、会長はじめ関係者は「ほんとにやって良かった」と思いました。
去年の10月に鈴木治彦アナウンサーの「ことばのしつけ」をやって日浅く、1月を計画しましたので、その準備が大変!
私はいつも仕事そっちのけでボランティアで駆け回っている感じ・・・
今年は、仕事もボランティアも楽しくがんばりたいと思います。
2008/1/7
今年も宜しくお願い致します。

 新しい年を迎え、皆様のご健勝を心よりご祈念申しあげます。
 さて、本年は「子(ね)」の年、十二支の始まりの年。そもそも十二支の語源は草木の発生、繁茂・成熟・伏蔵の過程の順序を十二の段階(年)に分けて名付けられたもので、その始まりの「ね」年は、草木の新しい生命が芽生える頃と言われて、とてもおめでたい年なのです。
 「子」年を迎えて、私からのご提案がございます。それは十二支の巡りが「草木の生長」であるという芽生えの縁起年に因み、日々の健康の源は「日常食」にプラス「健食(健康補助食品)の摂取」と心得て十二支計画(12年)で実践されますと心身に無理なく自然なかたちで体質改善、健康維持の安心の日々が持続できます。
『食による健康維持は短期にして成らず、生涯対策にして成る…』
ご自身に適合する健食を選択、摂取、生涯実践をご推奨いたします。
 会員の皆様の健康づくりを志すグリーンフロンティアでは日ごろのご愛顧に感謝し、昨年から依然として猛威をふるうインフルエンザ蔓延の防止にもお役立ていただければと会員のご家族様の健康保持を願い、“かっ飛ばせインフルエンザ”を合言葉に「ローヤル3000 お年玉キャンペーン」を下記の要綱にてご提供させていただきます。どうぞこの会員特典をご活用くださいませ。